遺産影響評価の取り組み

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群において、作成された遺産影響評価書を公開します。

遺産影響評価は開発等の行為者が遺産への影響を客観的な視点で評価し、その解決策について関係者間で合意形成するための手段です。本遺産群では、『遺産影響評価運用マニュアル』を策定し、遺産影響評価制度を適切に運用しています。マニュアルや過去の実施状況についてはこちらをご確認ください。

過去の実施状況

過去の実施状況はありません。