宗像大社中津宮 ―島の暮らしとともにある信仰の場―

 大島は宗像市神湊から7キロメートル離れた、人口700人ほどの福岡県で最も大きな島です。中津宮は、大島に鎮座する宗像大社の三つの宮の一つで、宗像三女神の一柱湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀っています。
宗像大社中津宮
宗像大社中津宮
沖津宮遙拝所の中から沖ノ島を望む。人々は禁忌を守り、立ち入ってはならない沖ノ島に対しここから掌を合わせる。
御嶽山山頂から辺津宮側を望む

 大島の南側、大島港からほど近くに鳥居が海に向かって立ち、中津宮と海との深い関係がうかがえます。境内には「天の川」という川が流れています。天上の天の川になぞらえたこの川をはさんで、牽牛社・織女社があります。中津宮で最も盛大な神事である七夕祭は、旧暦の7月7日に近い8月7日に行われます。かつて祭りの前に牽牛社・織女社に参籠し、川の水を入れたタライに映った姿で男女の縁を定める風習があり、これは古く鎌倉時代までさかのぼるようです。

 鳥居をくぐり急な石段を昇ると、中津宮の社殿があらわれます。本殿は県の有形文化財に指定されています。周囲には大島島内の末社(本社に付属する小さい神社)が集められ、合わせて祀られています。
社務所の横を通って天の川へ降りる道を進むと、「天の真名井(あめのまない)」があります。記紀神話に、アマテラスがスサノヲの剣を三つに折り、「天真名井」ですすぎ、噛み砕いて口から吹き出すと、その息吹の霧の中から宗像三女神が生まれたとあり、これに因んで名付けられました。「延命招福の霊泉」といわれ、冷たい水が一年中湧き出ています。この御神水で習字をすると書が上手くなるとの言い伝えから、毎年揮毫(きごう)会が開催されています。

中津宮社殿
中津宮社殿
御嶽山山道
御嶽山山道

 本殿の裏手からは、御嶽山の山頂へと970m参道が続いています。沖ノ島と共通する古代祭祀が終わった後、山頂には御嶽神社、麓には中津宮の本殿・拝殿が築かれます。山頂の御嶽神社と麓の社殿はこの参道によってつながり、一体的な信仰の場を形成しています。標高224mの山頂まで登っていくと、晴れて空気の澄んだ日には、沖ノ島、さらに、その反対側には宗像地域全体を見渡すことができます。

御岳神社
アクセス

東郷駅前/福間駅前

バス約25分

神湊波止場

神湊港

渡船約25分

大島港

大島港

徒歩約5分

宗像大社中津宮

周辺スポット

  • 夢の小夜島

    中津宮から徒歩9分(約690m)

    夢の小夜島
    室町時代、連歌師宗祇が宗像を訪れた際に「浜千鳥こゑうちわびて大嶋の波のまもなく誰をこふらむ」と詠んだ場所とされています。
  • 安昌院

    中津宮から徒歩5分(420m)

    安昌院
    現在大島で唯一のお寺です。大島の集落を一望できます。境内にある江戸後期の宝篋印塔は、前九年合戦で流人となった安倍宗任の墓と伝えられています。
  • 御嶽山展望所

    中津宮から徒歩12分(970m)

    御嶽山展望所
    御嶽山山頂の展望所からは、九州本土だけでなく、沖ノ島を望むことができます。

大島エリアモデルコース

ガイドマップのダウンロードはこちら

お問い合わせ先

宗像大社についてはこちら

宗像大社社務所

〒811‐3505 福岡県宗像市田島2331

TEL0940-62-1311(代)

FAX0940-62-1315

宗像市の観光ガイドについてはこちら 宗像歴史観光ボランティアの会
宗像市の世界遺産登録推進活動についてはこちら

宗像市世界遺産登録推進室

〒811‐3492 福岡県宗像市東郷1丁目1番1号

TEL0940-36-9456

FAX0940-36-6912

Topへ