三ヵ所の祭祀遺跡と三宮の成立

 宗像地域では、7世紀後半までに大島の御嶽山祭祀遺跡、九州本土の下高宮祭祀遺跡でも、 沖ノ島での祭祀と共通性をもった露天祭祀が行われるようになりました。  一方、8世紀前半に成立した日本最古の歴史書である『古事記』『日本書紀』には、宗像氏が沖津宮・中津宮・辺津宮で 宗像三女神を祀っていると記され、海によって結ばれる三宮で宗像三女神を祀る宗像大社が成立します。
古代の宗像地域 イラスト/北野陽子
古代の宗像地域 イラスト/北野陽子

現代まで受け継がれる信仰の場 -沖津宮-

 沖ノ島では、17世紀半ばまでに、 古代祭祀の場であった巨岩群の間に沖津宮の社殿が築かれます。

 現在、宗像大社の神職1人が10日交代で島に常駐し、毎朝社殿で神事を行なっています。社殿には宗像三女神のうち田心姫神が祀られています。  沖ノ島に対する自然崇拝から宗像三女神に対する信仰がうまれ、宗像地域の信仰として受け継がれてきました。本遺産群は、信仰の発展の過程を確かな物証によって理解できる点で、世界でも他に例をみない存在です。

宗像大社沖津宮社殿
宗像大社沖津宮社殿

大島における信仰の場 -中津宮-

御嶽山祭祀遺跡
御嶽山祭祀遺跡
大島から望む沖ノ島
大島から望む沖ノ島

 古代祭祀の終了後、御嶽山祭祀遺跡の場所に御嶽神社、御嶽山の麓に中津宮社殿が建てられます。麓の社殿と御嶽山祭祀遺跡は御嶽山を登る参道で結ばれ、一体のものとして中津宮を形成しています。17世紀前半頃に建てられたと考えられている現在の本殿は、県の有形文化財に指定され、宗像三女神のうち湍津姫神が祀られています。

宗像大社中津宮社殿
宗像大社中津宮社殿

九州本土における信仰の場 -辺津宮-

 宗像地域では、7世紀後半までに大島の御嶽山祭祀遺跡、九州本土の下高宮祭祀遺跡でも、沖ノ島での祭祀と共通性をもった露天祭祀が行われるようになりました。一方、8世紀前半に成立した日本最古の歴史書である『古事記』『日本書紀』には、宗像氏が沖津宮・中津宮・辺津宮で宗像三女神を祀っていると記され、海によって結ばれる 三宮で宗像三女神を祀る宗像大社が成立したことがわかります。
高宮祭場(宗像大社辺津宮)
高宮祭場(宗像大社辺津宮)
上空うから見た辺津宮
上空から見た辺津宮

 辺津宮は古代に入海だった釣川沿いに位置し、海や川との関わりの深い三女神をまつる本土の信仰の場として、宗像大社の神事の中心となっていきました。  12世紀までには、下高宮祭祀遺跡の麓に社殿が建てられており、現在の本殿・拝殿は16世紀末の再建で国の重要文化財に指定されています。下高宮祭祀遺跡の一部は高宮祭場として整備され、現在も神事が行われています。

宗像大社辺津宮社殿
宗像大社辺津宮社殿

Topへ