世界遺産と、
美しい海を、未来へ

世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は、2022年7月に世界遺産登録5周年を迎えます。
「神宿る島」沖ノ島への信仰は、厳しくも豊かな海と人々との関わりの中で生まれ、長い間、大切に受け継がれてきました。
現在、世界では毎年800万トンものごみが海に流出しています。
海を漂うごみは、美しい風景や生き物を傷つけるだけでなく、信仰を守り伝えてきた漁師たちの仕事の妨げにもなっています。
「世界遺産と、美しい海を、未来へ」
この5周年記念事業が、世界遺産の価値と海洋環境問題について改めて考え、行動するきっかけになればと願っています。