これまでに応援していただいた企業による活動実績をご紹介します。

企業一覧(五十音順)

遠賀信用金庫
2017年

遠賀信用金庫

支援金をご寄附いただきました(平成29年5月24日)
遠賀信用金庫が「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界遺産登録活動を応援する定期預金を販売され、5月24日に「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議に50万円をご寄付いただきました。ありがとうございました。
 遠賀信用金庫の本遺産群の応援定期預金販売は今回で3度目となります。
 寄付金贈呈式では、遠賀信用金庫の岡部理事長より「全構成資産が世界遺産登録となるよう頑張っていただきたい」と話され、これに谷井市長は「国、県、福津市とともに世界遺産委員会に向けてできる限りの努力をしていきたい」と応えました。
※「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議は、福岡県、福津市、宗像市などで構成し、本遺産群の世界文化遺産登録に向けて主体的に活動をしている組織です。
2015年

遠賀信用金庫

支援金をご寄附いただきました(平成27年9月26日)
 平成27年9月16日、遠賀信用金庫から推進会議に対し、世界遺産登録推進活動への支援金が寄附されました。これは昨年に続き、同金庫が平成27年6月から8月にかけて実施した「宗像・沖ノ島と関連遺産群」応援定期Ⅱの販売に伴うもので、推進会議を代表して小山福津市長が同金庫の岡部理事長から受領しました。  岡部理事長は「推薦決定を受け、大変嬉しく思っている。反響も大きく、多くの方に預金していただいた。登録に向け、引き続き応援していきたい」と述べられ、小山市長は「このような応援をいただき感謝している。登録に向け、これからしっかり取り組んでまいりたい。今後も引き続き応援をお願いしたい」と述べました。
2014年

遠賀信用金庫

支援金をご寄付いただきました。(平成26年2月19日)
 平成26年2月19日、地元金融機関の遠賀信用金庫から推進会議に対し、世界遺産登録活動への支援金が寄附されました。これは、同金庫が昨年11月から本 年1月にかけて実施した「宗像・沖ノ島と関連遺産群」応援定期の販売に伴うもので、推進会議を代表して谷井宗像市長が、同金庫の岡部理事長から受け取りました。
 岡部理事長は、「県内の方々の関心の高く、予想より多くの方に預金していただいた。引き続き、応援をしていきたい」と述べ、谷井市長は「地元企業からこのような応援をいただき感謝している。今回のような支援の動きが他にも広まればと願っている」と述べました。
キリンビールマーケティング株式会社(九州統括本部)
2016年

キリンビール

支援金をご寄附いただきました(平成28年6月30日)
 平成28年6月30日、キリンビールマーケティング株式会社九州統括本部福岡支社から、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議に対し、世界遺産登録推進活動への支援金が寄附され、キリンビールマーケティング株式会社九州統括本部福岡支社 三宅支社長から、推進会議を代表して「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議会長 小川知事に贈呈されました。 これは、平成29年の世界遺産登録を目指す「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録推進活動を支援するため、平成28年1月から2月にかけて「一番搾り「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群を世界遺産に」デザイン缶」を販売し、この度、売り上げの一部をご寄付いただいたものです。 小川知事は、「今回頂いた貴重な寄付金は、本遺産群の世界遺産登録に向け、有効に活用させていただきます。今後とも、世界遺産登録推進活動への御理解、御協力をお願い申し上げます」と述べました。
2014年

「一番搾り『宗像に世界遺産を』デザイン缶」を販売いただきました(平成26年1月23日)

「一番搾り『宗像に世界遺産を』デザイン缶」を販売いただきました(平成26年1月23日)
 この度、キリンビールマーケティング株式会社福岡支社から「キリン一番搾り〈生〉『宗像に世界遺産を』デザイン缶」が発売されました。発売日は平成26年2月5日(水)から、福岡県を中心に限定販売されました。 また、世界遺産登録活動支援金として売上げ1本につき1円のご寄付いただいております。 「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議では、これを歓迎し、今後の活動に生かしていきます。 「キリン一番搾り〈生〉『宗像に世界遺産を』デザイン缶」販売によるキリンビールマーケティング株式会社からのご寄付を活用し、本推進会議は、平成26年8月16日(土)から10月13日(月・祝)まで出光美術館(東京・丸の内)で開催された「宗像大社国宝展-神の島・沖ノ島と大社の神宝-」の来館者に、本遺産群の価値や保存管理の大切さを紹介する冊子「沖ノ島-守り、伝える。-」を配布しました。
トヨタ自動車九州株式会社
2015年

トヨタ自動車九州株式会社PR館で本遺産群のPRを行っていただいています

トヨタ自動車九州株式会社PR館で本遺産群のPRを行っていただいています
 トヨタ自動車九州株式会社PR館で、パネル展示や世界遺産登録を応援する横断幕の掲示など、来館者に対して、本遺産群のPRを行っていただいています。
2014年

宗像市ラッピングバスが完成しました(平成26年3月26日)

宗像市ラッピングバスが完成しました(平成26年3月26日)
 トヨタ自動車九州株式会社のご協力により、宗像市の公用バスに世界遺産登録活動をPRするラッピングを行いました。側面には「みあれ祭」と「沖ノ島」が、後部には沖ノ島から出土した「三角縁神獣鏡」などがトヨタ自動車九州株式会社の匠の技で描かれています。

福津市ラッピングバス

福津市ラッピングバスが完成しました(平成26年2月7日)
 トヨタ自動車九州株式会社のご協力により、福津市の公用バスに世界遺産登録活動をPRするラッピングを行いました。
 ラッピングは、世界遺産登録を目指している「新原・奴山古墳群」を、市公用バスの側面と後部に施されています。トヨタ自動車九州株式会社の塗装エンジニアによってエアブラシを用いて描かれました。
西鉄バス宗像株式会社
2015年

西鉄バス宗像株式会社

世界遺産登録応援バスによる本遺産群のPRを行っていただいています(平成27年8月24日)
 宗像エリアを走る西日本鉄道株式会社および西鉄バス宗像株式会社のバス55台に、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録を応援するマグネットシートを貼付いただき、応援活動を行っていただいております。
 このマグネットシートはトヨタ自動車九州の「匠の技」の特殊な塗装技術で一枚一枚製作されたものです。
(運行路線)
  • ・西日本鉄道株式会社運行路線
     赤間(急行)福岡線、赤間(普通)福岡線
  • ・西鉄バス宗像株式会社運行路線
     津屋崎~鐘崎線、森林都市線、宗像市ふれあいバス
日本航空株式会社
2017年

日本航空株式会社

国内線機内や空港ラウンジにて本遺産群のPRを行っていただいています(平成29年6月)
 日本航空株式会社は、平成29年6月から7月まで、国内線機内において沖ノ島に関する特別映像を放映しています。また、6月以降、宗像三女神を紹介する絵本「みあれ祭の日に」を国内線機内、羽田空港、および成田空港内のJAL サクララウンジキッズルームに用意しています。 なお、同社はこれまで、国内線機内誌「SKYWARD」や機内アナウンスで本遺産群を紹介するなど、世界遺産登録を応援していただいています。
日本ヒューレット・パッカード株式会社
2015年

本遺産群のPR活動をいただきました。(平成27年8月)

本遺産群のPR活動をいただきました。(平成27年8月)
 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、平成27年8月17日から23日までの1週間、東京山手線や中央線、京浜東北線等の首都圏主要路線における日経電車版の中で、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」をPRいただきました。 併せて、日経新聞、読売新聞全国版の見開き広告でも応援メッセージを掲載いただきました。
2014年

本遺産群の世界遺産登録の応援を表明いただきました(平成26年7月)

本遺産群の世界遺産登録の応援を表明いただきました(平成26年7月)
 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、平成26年7月15日から8月12日までの約1か月間、日本各地(関西、名古屋、政令指令都市など26都道府県、72局)における同社テレビCMの中で、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録の応援を表明いただきました。 併せて日本経済新聞、西日本新聞、中国新聞、大分合同新聞の一面広告でも応援メッセージを掲載いただきました。
2010年

福岡トヨタ宗像店

福岡トヨタ自動車株式会社宗像店で本遺産群のPRを行っていただいています(平成22年12月)
福岡トヨタ自動車株式会社宗像店にて、店舗の一角に本遺産群のポスターや、世界遺産登録を応援するのぼりを掲示していただき、来店者に対してPRを行っていただいています。
2015年

宗像タクシー協会

世界遺産登録応援タクシーによる本遺産群のPRを行っていただいております(平成26年12月24日)
 宗像タクシー協会7社の全タクシー車両200台に「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録を応援するマグネットシートを貼付いただき、応援活動を行っていただいております。このマグネットシートはトヨタ自動車九州の「匠の技」で一枚一枚製作されたものです。 平成26年12月24日、この応援マグネットを貼付した世界遺産登録応援タクシー出発式が宗像大社辺祈願殿で行われました。 出発式では、交通安全及び世界遺産登録祈願後、本推進会議から宗像タクシー協会へマグネットシートを贈呈しました。 宗像タクシー協会の森会長は、「地元企業として宗像地域に貴重な遺産があることを誇りに思って世界遺産登録に向けて多くの方に周知していきたい」と述べられました。
宗像農業協同組合
2015年

宗像市・福津市に対し、支援金をご寄附いただきました(平成28年1月20日)

 宗像市・福津市に対し、支援金をご寄附いただきました(平成28年1月20日)
 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の世界文化遺産登録を祈念する定期貯金販売に伴い、宗像農業協同組合から、宗像市・福津市に対し、世界遺産登録活動支援金をご寄附いただきました。 「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議はこれを歓迎し、今後の活動に生かしていきます。

一覧へ戻る

Topへ