• おがち
  • かんちゃん
  • ひめちゃん

「神宿る島」宗像・沖ノ島(かみやどるしまむなかたおきのしま)関連遺産群(かんれんいさんぐん)とは?

古代の宗像地域
古代(こだい)宗像地域(むなかたちいき)
ピラミッド
宗像大社沖津宮(沖ノ島) ( むなかたたいしゃおきつみやおきのしま )
宗像大社沖津宮遙拝所
宗像大社沖津宮遙拝所 ( むなかたたいしゃおきつみやようはいしょ )
新原・奴山古墳群
新原・奴山古墳群 ( しんばるぬやまこふんぐん )
宗像大社中津宮
宗像大社中津宮 ( むなかたたいしゃなかつみや )
  (やく)1600年前(ねんまえ)から「神様(かみさま)がいる(しま)」として、航海(こうかい)安全(あんぜん)外国(がいこく)との交流(こうりゅう)成功(せいこう)のためにいのりがささげられた「沖ノ島(おきのしま)」、そのいのりを()()いできた「宗像大社(むなかたたいしゃ)」、そして沖ノ島(おきのしま)でいのりをささげた宗像氏(むなかたし)のお(はか)である「新原・奴山古墳群(しんばるぬやまこふんぐん)」があるよ。 「神様(かみさま)がいる(しま)」へのいのりの伝統(でんとう)が、現在(げんざい)まで()けつがれてきたことを物語(ものがた)貴重(きちょう)遺産(いさん)なんだ。
宗像大社辺津宮
宗像大社辺津宮(むなかたたいしゃへつみや)

Topへ